🌸プラムブリーズ🌸Plum Breeze

森と清流に囲まれて自然に呼吸が深くなる☺。Living with Joy, Yoga, Meditation, Access Bars®, EM, etc. somewhat spritual.

あるヨギの自叙伝

2016
14
あきらめていた映画「永遠のヨギー」が、ユーロスペースで、上映延長されたので、観ることができました。本の中の幾枚かの写真でしか知らなかったパラマハンサ・ヨガナンダを、今になって映画として観ることができるなんて感無量。活字から想像するしかなかった光景を、当時のインドやアメリカの風景、彼にまつわる人々の映像、を観ることで、おとぎ話と思えるような本の内容が、よりリアルに感じられてよかったー。

160609_1010~01 そして家に帰ったら猛烈な眠気に襲われました。ヨガ聖者から放たれるなにかが、映像とはいえ強烈で、私の細胞を波動レベルでゆさぶりかけたのかしら、と思わせるほどの眠気です。

記録映画だから、当時の社会から見たヨガナンダ、という部分がわりと多く、本にたくさん出てくる奇跡的ヨギーたちの話、量子物理学的な話、ヴェーダ哲学の話、についてはほとんど出てこない。そこらへんのことが山盛りなのが、ヨガナンダの本が長く愛されてる理由でもあるので、そういうことをもっと知りたかったら「あるヨギの自叙伝」の本を読むべし。

近代になって量子的考えが出てこなかったら、まったく人々に理解されることはなかっただろう宇宙の知恵ヴェーダ。最新西洋科学と超太古東洋哲学の美しい融合、難解だろうテーマを、ヨガナンダは、すんなり読める形で表している。ぶっちゃけ、TV番組「アンビリーバボー」みたいな感じで、超おもしろい。すみません、聖者に向かって(笑)。

で、私もまた読みたくなったので、また注文しちゃいました。以前持ってた本は貸したままもどってこないので。今度は英語版。そっちのほうがはるかに安かったから(笑)。何度も読んだから内容わかるし、グーグル翻訳もあるしね。

現代は、百花繚乱のヨガ。美容のため、健康のため、楽しいから、ブームだから、はじめる動機はなんであれ、ヨガが目指しているものは、究極は、自分ってこの身体のサイズだけが自分じゃないよー、そこに気づけよ、ってことなんじゃないかなー。なんか、ヨガが目指している方向が明確にできそうだわねー、などと考えつつ、読んでおります。まったく忘れているエピソードも多々あり、新鮮な気分で読めます。

そして、来週21日は、インド政府が近年決めた「国際ヨガの日」。ヨガナンダが西洋にまいたヨガの種。大きく育ってます。