🌸プラムブリーズ🌸Plum Breeze

森と清流に囲まれて自然に呼吸が深くなる☺。Living with Joy, Yoga, Meditation, Access Bars®, EM, etc. somewhat spritual.

ぼくは原始人になった

2016
20
この人、原始人と同じ手作りの簡素な装備だけで、ひとりで長い旅に出るのです。

極限状況に何度もおちいりながら、見た世界とは。
161116_1933~01
ネイティブアメリカンのヴィジョンクエスト、修行僧の過酷な荒行、にも似て。もしかしたらそれをはるかに凌駕した過酷な体験で。五感六感が高度にとぎすまされていくと、どうなっていくのか。

現代西洋人では、おそらくだれもやったことのない旅の実話。ロードムービーを観ているようにわくわく読めます。そして、内的宇宙がどうなるのか、生理学的にはどういう変化があるのか、大自然とのコミュニオン、幽体離脱的体験も(^◇^)。究極の瞑想のようでもあります。

便利さとひきかえに、人間が失っていった機能は、はかりしれない。これからもどるわけにはいかないけど。現代人、もっと外に出て感じよう、スマホもお洒落なキャンプ用品も本も持たずに、とは思いました。

この本との出会いもおもしろい。他の本を借りようと図書館に行ったら、目的のものはなくて、新着本として棚の目立つところにちょうど置いてあって、まっさきに目に飛び込んできたのです。ふつうに背表紙だったら選ばないだろうなというジャンルです。もっと自然の中で過ごす時間を増やしたいという考えに傾いていたときなので、ぴったりの本が見つかったと思います。本も人もちょうどいいときに出会うのですね。この本にもたびたび出てきますけど、宇宙は呼応してくれる。たとえこんなちっちゃいレベルでも(笑)。新刊本なので、まだアマゾンの書評もなかったです。だから紹介してみたくなりました。

あまりにおもしろかったので、1回読んだ後、またすぐに読み返しています(^∇^)ノ。いいですよー。

本より・・・狩猟採集民は、ぼくたちの”原始的な”過去である、という認識の人が多い。だが、原野で20年以上生活してきた経験から、ほぼ断言できる。この”原始的な過去の住人”は、ぼくたちが考える、いや想像しうるよりも大きな知力の持ち主だ、と。・・・。