🌸プラムブリーズ🌸Plum Breeze

森と清流に囲まれて自然に呼吸が深くなる☺。Living with Joy, Yoga, Meditation, Access Bars®, EM, etc. somewhat spritual.

バーフバリ絶叫上映監督挨拶つき、に行けました☆/Baahubali2 Screening with director's stage greeting

2018
29
もともとインド映画は大好きで、レンタル店にインド物が激少なのが不満だったのですが。去年の暮れに観た「バーフバリ」は、インド映画の中で最高、というより、これまでに観たハリウッドを含むどの映画よりも気にいってしまって、周囲の人たちに、ことあるごとに、「いいよー、いいよー」といっていたのですが。薄笑いとともに「あー、インド映画って、やたら歌って踊るやつでしょー」と軽くいなされて、「いや、そーじゃなくてー」とちゃんと説明したいのに、あまりの壮大さに適切な語彙がみあたらず、たいていそこで話が終わってしまって、不完全燃焼していたのですが。

そしてインド的映画鑑賞方法、マサラ上映、というのにもあこがれていまして。映画を観ながら観客もにぎやかに応援できる、というスタイルなのですが。バーフバリにもマサラ上映会というのがときどきあって、行きたいなー、と思っていたのですが、いつもまったく日にちや時間や場所が合わなくて、あきらめていたのですが。

やっと行けました。しかも制作者のSSラージャマウリ監督とヤーラガッタ・プロデューサーの舞台挨拶付き。チケットはネット販売14分後には売り切れだったそう。

うれしさのいきおいあまって、テルグ語を入れたウェルカムボードをつくってしまいました。友人の分もついでに。さらに、なんの役にたつかわからないままつくってしまった消しゴムハンコでグッズも制作。まさかこんなに早く役立つ日がくるとは。
180425_1342~01 180425_1333~01 180425_1340~01

当日のロビーの様子。映画の登場人物のコスプレイヤーとサリー姿の人がかなり多し。
180426_2013~01
上映中は、タンバリンやら光る棒などで映像に合わせて声援を送りました。手ぶらでもいいのですが、観客のみなさん、いろいろ用意してきています。私もタンバリン持っていきました。人生でタンバリンがあってよかったと思ったのは、このときがはじめてです。絶叫という名前がついてますが、気が狂ったように絶叫している人はいなくて、好きな場面の合間に一声かける、というような感じ。たまやー、かぎやー、みたいで、歌舞伎を連想しました。日本人には案外このスタイル合っているのかもしれません。

上映後は、いよいよ監督とプロジューサーの挨拶。世界的な名声を誇る映画の創造神たちがはるばるインドからやってきました。すごいー。
180426_1921~02

IMG_0139.jpg
とても気さくでチャーミング。お話しもわかりやすくウィットに富んでいて超おもしろい。さすが、あの映画作った人だけあるー。バーフバリからは脱線しますが、以前に「マッキー」という蠅が主人公の映画も作られていまして、これもとても楽しい映画だったのです。ネタバレしますが、ふつうだったら主人公がハエになっちゃったら、最後は人間にもどってめでたしめでたし、ですよね。でもマッキーは、ハエのままでも好きな女の子といっしょにいられるからオッケー、というハッピーエンドぶりで、こういう発想はだれも思いつかないだろうなー、天才だなー、と思っていたのでした。生監督トーク聞けて、同じ空間にいられて光栄です。

この人たちは映画に出てくる俳優さんたちではないです。映画関連会社の人たちが全員コスプレしています。
180426_1940~02
場内写真はないですが、かなりの盛り上がりで、インドのお祭りのようになっていました。
180426_1939~02
楽しかったです。

映画のサイトは⇒こちら
今度は完全版で上映されます。人気ぶりがうかがえますね。
180426_1456~010001
音楽も素晴らしい。音楽は聴くアーユルヴェーダ。独特なリズムと音階でトランス状態を誘うインド音楽は、聴いているうちに心地よくなってきます。あと、セリフもインドの言葉ってお経やマントラのもとになっているわけなので、聞いてるだけで、元気になってくる感じ。パワースポットみたいな映画です。

**************************************
募集中のワークショップなど

☆Yoga@青梅→こちら
☆瞑想会@青梅→こちら
☆ご無沙汰してましたが、ビジョンボード作りやります。→6月14日(木)18時から。詳細は後日。